• お知らせ
修学支援事業基金
使途特定プロジェクト
九州大学古本募金
九州大学カード
同窓会
タイトル
支援助成事業採択者の声(宮崎建人)
Image

 海外留学渡航支援 成果報告書

所属:経済学部4年

氏名:宮崎建人

留学先大学:ウプサラ大学・スウェーデン


  今回私は、交換留学制度を利用して、ウプサラ大学に約10か月間、交換留学をしました。私の専攻は経済学ですが、他の人文科学、社会科学の科目も履修可能だったため、せっかくの機会だと思い、政治学、哲学、言語学など、経済学以外の他の科目を幅広く履修しました。

 ウプサラ大学の授業は、講義主体の授業もありますが、セミナー形式の授業も多く、学生間、学生と先生間の意見交換、交流を重視している印象を受けました。この留学を通じて自身の積極性を改善できたことは私にとって大きな収穫です。また、自分の専攻に関係のない様々な授業を履修できたことで、好奇心を満たし、教養を深めることができました。


 例えば、スウェーデンの政治の授業を履修したのですが、理想と言われているスウェーデンでも、現実には移民問題を含めた、多くの根深い問題を抱えていることを知ることができました。また、授業や日常生活を通じて英語力を大幅に向上できたと言え、日本の授業ではなかなか伸ばすことのできなかったスピーキング能力を、特に向上させることができたと感じます。英語力向上のおかげで、より多くの話題について友人と話すことができるようになり、友人との議論や他愛のない話をより楽しめるようになり、外国文化への理解を深めることができました。


(写真)これは私が住んでいた寮、フログスタの写真です。この寮は、夜10時に学生たちが窓を開けて一斉に叫ぶことで有名です。帰国前日である6月14日の夜中の1時頃に撮ったのですが、夕暮れ時のような空模様でした。

添付ファイル  :  

作成日  :  2017-05-02

一覧へ
ページのトップへ

ご挨拶

税法上の優遇措置