お知らせ

お知らせ

2018年10月18日

「歴史と伝統」の大切さを感じる(筒井 勝美 様)

「歴史と伝統」の大切さを感じる
 筒井 勝美 様(工学部通信工学科 昭和38年卒業)

 平成29年11月14日(火),九州大学久保千春
総長のご招待を受け,九州大学基金への寄附者10名
の方々と共に参加いたしました。会場となった旧工学
部本館は、玄関の天井にはアール・デコのステンドグ
ラスや、大会議室には90年近く経っても朽ちてない
ロマン漂う大壁画があり、部屋の造りがまさに迎賓館
です。外観の風格も含め建物全体が芸術品であります。
また、長い歴史の中で文明発展のため、人類のために
貢献した幾多の人材が巣立っていったことでしょう。
私も昔この工学部本館で学びましたが、初めてこの大会議室を見て大変感動し、改めて「歴史
と伝統」の大切さを感じました。

 最近の九州大学の創意に満ちた活動振りには、目を見張るものがあります。平成30年7月
11日に開催された九州大学学術研究都市情報交流セミナーもそうですが、同年4月22日に
椎木講堂で開催された九州大学工学部主催による英進館の新高1生と保護者対象のセミナー・
見学会は、会場の雰囲気で感じましたが、生徒たちの知的好奇心を掻き立てる魅力溢れるもの
でした。
 今後も我々卒業生、九州大学と連携をより深めさせて頂き、出来る限りの基金への支援と、
九州大学の益々の発展のため、頑張りたいと思います。


(本記事は、平成29年度九州大学基金活動報告書に掲載されたものです。)