支援助成事業

課外活動支援

    • 福岡、九州、そして日本を代表する学生オーケストラを目指して

    • 幹事長 河村 優太

    • 九大フィルハーモニー・オーケストラ

    • この度、九州大学基金による支援助成で、バスクラリネット1本、バスクラリネットスタンド1台、コントラバス弓2本、コントラバス弓ケース2個、チェロ弓1本、チェロケース1個をご購入いただきました。心より感謝申し上げます。特にバスクラリネットは高額のため購入が難しく、ご支援いただき大変助かりました。新たな楽器の所有によって演奏できる曲目が増加し、活動の幅も大きく広がります。
      8月に開催された九大フィルハーモニー・オーケストラ/京都大学交響楽団ジョイントコンサートにおいても使用したほか、各種出張演奏などでも演奏に用いております。楽器の状態も良く、奏者からも喜びの声を聞くことができました。  
      当団体は部員100名以上を抱えていますが、個人で楽器を所有している者は決して多くなく、学校楽器も満足にある状況ではありません。特に弦楽器は楽器本体、弦、弓、ケース、付属品などすべてを揃えるには奏者にとって経済的負担があまりに大きく、学校楽器の不足により年によっては新入生の入部を制限していることもあります。学校楽器購入資金として毎年積み立てていますが、その額は十分とは言えません。今回のご支援によって活動が充実し、より活性化することは間違いありません。  
      今回ご購入いただいた楽器および付属品は大切に保管し、責任をもって引き継いでまいります。  
      九大フィルハーモニー・オーケストラは1909年に創立され、2017年には創立108周年を迎えました。2018年には第200回定期演奏会を記念し、東京のサントリーホールにて特別記念演奏会を開催いたします。これからもより一層努力を重ね、福岡、九州、そして日本の音楽文化発展のために貢献できるような団体を目指してまいります。今後とも活動へのご理解とご協力をいただきますよう、心よりお願い申し上げます。

      九大フィルハーモニー・オーケストラWEBサイト
      http://kyudaiphil.com/